「奈良町 和文化の体験」~中国、台湾から御来館 昔人体験~

「奈良町 和文化の体験」~中国、台湾から御来館 昔人体験~

(主催;奈良市観光協会)
奈良は、1300年以上の時を経て守り受け継がれてきた社寺の

建造物や宝物•仏像、それらと融合する豊かな自然が何よりも

魅力です。そして、能•狂言や雅楽、墨•筆•茶といった、

今の暮らしに息づく伝統芸能や産業も奈良が原点です。

世界文化遺産の元興寺の跡地に広がった奈良町は、奈良筆•奈良墨

•奈良晒などの伝統産業の町として発展し、江戸時代にはお伊勢参り

の経由地の一つとしても栄えていました。ここに残されている

古き良き日本人の生活風景には、和文化の真髄が凝縮されています。

ぜひ、奈良町で和の文化を五感で感じて頂きたいです。

14900374_673316396163462_7965143888890422326_n1 14900402_673316262830142_538362633015268871_n1 14900606_673316386163463_5338818912409194736_n1 14947959_673316266163475_4429911846207832668_n1 14991955_673316259496809_5616858120243060051_n2

「奈良町 和文化の体験」~中国から御来館 昔人体験~

「奈良町 和文化の体験」~中国から御来館 昔人体験~

(主催;奈良市観光協会)
奈良は、1300年以上の時を経て守り受け継がれてきた社寺の

建造物や宝物•仏像、それらと融合する豊かな自然が何よりも

魅力です。そして、能•狂言や雅楽、墨•筆•茶といった、

今の暮らしに息づく伝統芸能や産業も奈良が原点です。

世界文化遺産の元興寺の跡地に広がった奈良町は、奈良筆•奈良墨

•奈良晒などの伝統産業の町として発展し、江戸時代にはお伊勢参り

の経由地の一つとしても栄えていました。ここに残されている

古き良き日本人の生活風景には、和文化の真髄が凝縮されています。

ぜひ、奈良町で和の文化を五感で感じて頂きたいです。

1 13892009_629369867224782_954804687807480347_n[1] 13901383_629369787224790_1291305889649729326_n[1] 13924873_629369777224791_4171896871563461333_n[1]

「奈良県中学校区美術部合同展」登美ケ北 美術部員と先生

~来てくれました!~

開催中の「奈良県中学校区美術部合同展」~蓄音機体験盛り上がり(^.^)

奈良市立登美ケ丘北中学校美術部員と先生来館!

・後半入れ替え日は21日に

・後半の展示学校メンバーは

「伏見中、富雄中、登美ケ丘北中、香芝北中、御所中」 コラボ展示会

http://naramachi.co.jp/information/%e5%a5%88%e8%89%af%e7%9c%8c%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e5%8c%ba%e3%80%80%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%83%a8%e5%90%88%e5%90%8c%e5%b1%95%e3%80%80%e3%80%8c%e4%bc%8f%e8%a6%8b%e4%b8%ad%e3%80%81%e5%af%8c%e9%9b%84

17004_911814952235133_5691441965021229588_n[2] 11267371_911814748901820_8928969988231318078_n[2] 11742748_911814872235141_528817033414410734_n[2]

「昔人体験」夕方急な大雨になり・・・今日も

「昔人体験」夕方急な大雨になり・・・

館内に避難されてるお客様に向けて、「昔人体験」をさせていただきました。

大阪、京都、ベルギー、東京、遠路からお越しくださいました。

人力車の大和屋さんも一緒に楽しんでいただき、

100年前の扇風機を怖々スイッチON、皆さまワクワク顔でした。

終わるころには、雨も止み皆さま喜んでいただけました。(*^_^*)

【御来館】京都文教大学フィールドリサーチオフィス様の 「現地の方々を招く」「まちなみ巡り」セミナー

「京都文教大学」
フィールドリサーチオフィス様の「まちなみ巡り」というセミナーで、御来館して頂きました。

昔人体験で楽しんでいただきました。京都文教大学 人間学部現代社会学科 選任講師 小林大祐様も同行して頂きました。

皆さまは、興福寺、奈良町資料館、東大寺、春日大社を散策されたみたいで、お疲れ様でした。

又の御来館をお待ちしております。

http://www.cyber.kbu.ac.jp/blog/ujibashi/